エアコン工事はプロ依頼が最適【専門知識がないと太刀打ちできない】

マルチエアコンの勧め

空調機

室外機の数を減らせる

家庭用エアコンでは、室内機と室外機が1対1で接続されて空調を行いますが、業務用エアコンの中には1台の室外機で、複数の室内機を運転することができるマルチエアコンというものがあります。ショッピングモールのような広いエリアで使用する業務用エアコンは、フロアの隅々まで空調を行き渡らせなければいけないので、室内機をたくさん配置しなければいけません。室内機と室外機が1対1で設置すると室外機の配置する場所が膨大になってしまいます。そこでビルのような室外機の設置場所が限られるような場合でも、業務用エアコンにマルチエアコンを選ぶことによって、ゆとりをもって室外機を配置することができます。マルチエアコンは、複数の室内機を個別に運転することができ、それも異なる馬力の室内機を利用することができます。10馬力の室外機を導入すれば、例えば2馬力の室内機を2台と3馬力の室内機を2台繋ぐことができるのです。また、マルチエアコンは、ビルのような高低差の大きい建物で使われることを想定しているので、一般の業務用エアコンよりも長い配管や室内機と室外機の高低差を大きくしても使えるように作られています。一般的な業務量エアコンでは10馬力の室外機の最大配管長は100mまでで高低差は30mまでと定められていますが、マルチエアコンでは最大配管長は165mで、総延長は1000mまで使うことができ、高低差は50m位まで対応でき、改装すると最大100m近くまで対応することができます。

Copyright© 2018 エアコン工事はプロ依頼が最適【専門知識がないと太刀打ちできない】 All Rights Reserved.